Mercerie Hige

トム・ソーヤの冒険

 柵のペンキ塗りをおばさんに言いつけられた、トム。
 本当はいやでいやでしょうがないのに、すごく楽しそうな振りをして、ペンキを塗る。
 そんなトムの姿を見た友人たちは、自分の宝物をトムに渡してペンキ塗りをさせてもらう。
 今日の私は、トムの友達みたいな感じ。

 いつもはめんどくさくてしょうがない、ボタンシートへのボタン付けが、楽しくてしょうがない。
 けっこうスカスカ空きが目立っていた、ガラスボタンコーナーがびっしり埋まるくらいに。
 
 外国からどっさり届いたボタンを、選別し、値段を決め、シートに留めていく。
 ボタンが好きな人なら、ボタン屋さんになりたい人なら、それはそれは夢のような作業なのかもしれない。

 黒ガラス。
 ぱっと見ると地味だけど、よーく見ていると、すごくかっこいいということが分かってくる。
b0176211_23433485.jpg
b0176211_23434495.jpg


 一つだけ、ちょっとかわった雰囲気のものが混じってました。
 よーく見ると、内側はガラスではなくて、糸が織り込んであります。
b0176211_23444964.jpg

 これまで、何百と見たガラスボタンの中で、糸が織り込んであったのはこれを含めて2つだけ。
 とても珍しいボタンです。 
[PR]
by mercerie-hige | 2009-10-05 23:47