Mercerie Hige

ヒゲ

 どうもね、いまだにね、私のことを女性だと思っている方がおられます。
 違います。普通のおじさんですから。
 「hige」を「ハイジ」と読んだり、「何かフランス語で意味があるんじゃなかろうか?」と辞書を引いても、そんな言葉はありゃしません。無駄なことはしないように。
 素敵な女性が店主だと、なんかこう、緊張するでしょ?
 おじさんが店主だと、遠慮なくふるまえるでしょ?
 そんなわけで、メルスリーヒゲを引き続きよろしく。

 今日は、なんか話がはずむお客さまばかりでした。
 楽しかったです。
 ミニチュアアンティークを作っておられるヒロコさんが、たくさんパンのお土産を持ってきてくれました。
 お話をしていると、どうやら探しているものがあるらしく
 ヒロコさん「HGって書いてある猫の糸の箱を探してるんですけど・・・」
 私「こういう猫の絵が描いてある箱ならあるんだけどね。」
 ヒロコさん「きゃー!これです!!」
 私「残念!もう、売れてしまってます。」

 ヒロコさん「カルティエ&ブレッソンの、引き出しみたいな取っ手のついた箱を探してるんですけど・・・」
 私「レースの束が入ってるこの箱、実はカルティエ&ブレッソンのものなんだけど、こういうのに似たようなもの?」
 ヒロコさん「きゃー!これです!!」

 なーんか、面白いくらい探しているものがあっさりみつかってびっくりでした。
 ヒロコさん、探し物があるときは、是非、メルスリーヒゲへどうぞ。

 今、たくさんテーブルクロスや、小さな刺繍入りのマットとかが入荷してます。
 一番安いのは、500円から。
 ちゃんとしたフランスのアンティークなんですけどね。
 私が個人的に気に入っているものがこちら。
b0176211_024279.jpg

 麦の穂がデザインされたクッションカバー。
 ちょこっと破れがあるけど、全然気にならないくらい、いい感じです。

 いやーまいった!と思ってしまう、デザインと色使いのお皿。
b0176211_0251242.jpg

 以前、友達がこれと同じデザインのボウルを見つけて、はんこの依頼を受けたことがあります。
 恐ろしく苦労したけど、本当にすばらしいデザインでした。
 まさか、お皿があろうとは。
 何かのシリーズだったのかな?他にも出会えると嬉しいです。

 裏を返すと
b0176211_0264332.jpg

 やっぱり、クレイユでした。
 
[PR]
by mercerie-hige | 2009-09-12 00:28